日常生活における節約術

日常

細かく日常生活の無駄をなくすのが節約術

多くの大学生にとってはできるだけ生活費を浮かす節約生活が欠かせません。

特に一人暮らしを初めてするようになったという学生なら、一人で生活をするときにこんなにお金がかかるのかと驚くこともあるでしょう。

最初は実家暮らしの癖が抜けずついついやってしまっているルーズな習慣も、それを続けていては大きな出費になっていってしまいます。

一人暮らしをして数か月もしてくれば、だいたい自分が一か月あたりどのくらいのお金で生活をすることができるかということがわかってくるはずです。

生活のペースがつかめてきたら、仕送りやバイトで入る収入を合わせてどこにどのくらいのお金を使っていくかということを計画的に行うようにしましょう。

おすすめの方法としては、スマホなどで手軽に行うことができる家計簿アプリを利用するというやり方です。

お金を使った時にすぐに記録をする癖をつけていけば、自分がその月どんなことにお金を使ったかということを後から把握することができます。

自分が生活にいくら必要かを把握しないうちに始める節約というのはいわば穴の開いた船底のまま前に進もうとするようなものですので、まずはしっかり漏れがないかどうかということを調べてから始めましょう。

大学生にありがちな無駄遣いは「食費」

一人暮らしの大学生にもっともありがちな無駄遣いの原因はずばり「食費」です。

食事は毎日の生活に欠かせないことですが、これはどんなふうに生活スタイルをとっていくかによってかなり一か月あたりの費用を抑えることができます。

よくあるのが「お金がないから飲み会には参加しない」「デートでレストランに入るのはやめる」といったケチり方をしている割に、毎日の食事にコンビニのお弁当を買ったり、のどが乾いたらすぐにペットボトルを買ったりしていたりする人です。

確かに外食をすると一回あたりの食費は数千円が飛んでしまいますが、それをやめたところで普段の食事に無駄が多くてはまったく意味がありません。

特に家の近くにコンビニがあるという人は要注意で、夜中などにちょっとおなかが減ったからといってコンビニに行ってはお弁当やお菓子、飲み物などを買ってくるという習慣をつけていては無駄な食費がどんどんかさんでいってしまいます。

普段の食事はできるだけ自炊をするのが好ましいのですが、それが難しいという場合でも思いついてすぐに無駄遣いで食べ物を買うという方法はしないようにしましょう。

きちんと食事内容を計画的に行うようにするというだけでもかなり一か月あたりの費用は変わってきます。

無駄な電気や光熱費を防ぐ

日常でできる節約術としては、電気代対策も効果的です。

一人暮らしをしているとついさみしいという気持ちから見ていなくてもテレビをつけっぱなしにしていたり、自分がいない部屋の部分にも電気をつけたままにしてしまうということがあります。

実家暮らしの場合などは人が通らない廊下や玄関口にも常に電気をつけているということもあったでしょうが、一人暮らしではそうした電気代は非常にもったいない無駄になります。

どうしても電気をつけたいということならLED電球に買い替えるなどすると費用を抑えることができます。

他にも自分の契約しているインターネットや携帯電話のプランを見直して余計な固定費を払わないようにするというのも大きな節約になります。

月々の基本料金を把握し、データの使用量を割り出してから格安SIMに切り換えてみるのも有効な手段だといえます。