履歴書の書き方

履歴書を書くときの基本の基本

履歴書はアルバイトに応募するときに必ず記載することになる書類です。

社員としての転職の場合には職務経歴書やエントリーシートなど別の書類がつくこともありますが、基本的にはアルバイトなら履歴書だけが提出書類となっていることがほとんどです。

履歴書はコンビニや100均ショップなどどこでも簡単に手に入れることができる書類で、あらかじめ決められている書式に従って内容を記載していきます。

主な記載内容となるのは名前と住所、学歴、資格、通勤時間や待遇などの特記事項、それに人柄を示す趣味や特技といったことです。

内容以前にしっかり理解しておきたいのが、履歴書を作成するときには必ずボールペンや万年筆など消すことができないペンを使用するということです。

色は黒か青とされていますが特に何かこだわりがないなら黒にしておくべきでしょう。

ペンを使用した場合書き損じがどうしても出てしまうのですが、そうした間違いを修正ペンや二重線で直してはいけません。

全ての記載内容を間違いなく記入するということが履歴書作成の最も重要な点です。

また書類には写真を添付する場所がありますが、ここには証明写真として撮影したものを添付します。

プリクラやスナップ写真の切り抜きは使用してはいけません。

字が汚いことよりも丁寧に書かないことの方が問題

直筆で多くの記載をしなければいけない履歴書は、自筆文字に自信がない人にとってはかなりハードルの高いこととなったりします。

確かに書類を見る側の立場にしてみれば、美しい文字を書くことができる人の方がそうでない人に比べて印象がよいということは確かです。

ですが仕事の内容が特に文字の美しさに関係するものでないなら、履歴書の文字が美しいからといってそれだけで採用になるというわけではありません。

字が下手な人にとって最も問題なのは文字そのものが汚いことよりも、人が読んで読めないような雑な文字を書いてしまうということです。

下手な文字であっても丁寧に書けば少なくとも相手が読むことはできます。

ゆっくり丁寧に文字を書くようにしていけば、その書類を見た相手にも気持ちを伝えることができますのでマイナス評価になるということはありません。

また最近ではワードなどパソコンアプリケーションで履歴書を作成してそれを出力するという方法も簡単にできるようになりましたが、アルバイトの採用現場ではまだあまり歓迎されている方法ではないようです。

文字の書き方も相手からの人柄判断の材料の一つと思い、丁寧に記載していくようにしましょう。

趣味や特技の欄もきちんと埋める

アルバイト面接向けの履歴書でよく見るのが、採用に直接関係のない趣味や特技といった欄が空欄のままになっているという人です。

確かにその仕事をするということと本人がどんな趣味や特技を持っているかということは無関係で不要な情報のように思えます。

しかし正しい履歴書の書き方は基本的に全て埋めることができる欄は埋めるということです。

志望動機や趣味・特技が空欄のままでの履歴書が提出されると、どうしても本当にこの仕事をしたいと思っているのだろうかという疑問を相手にもたれてしまうことになります。

嘘はいけませんが、面接のときの話題づくりの一つと思い自分の人柄がわかる趣味などを記載しておくようにしましょう。

案外そこに書かれた趣味や特技がきっかけで思わぬ高評価を得ることもあるのです。